女の人

目の疲れを改善する成分|悪化を防いでくれる効果

肩こりや頭痛まで起きる

栄養補助食品

お仕事や読書で長時間集中して目を使うと目がしょぼしょぼしてきます。集中すると瞬きの回数が減って目が乾燥してきます。目の疲れだけならいいのですが、そのうち肩こりや頭痛まで起きてきます。目の奥が痛い、目の周りの皮膚がひくひく痙攣する、しょぼしょぼするなどが疲れ目の代表的な症状ですが、これらの症状をカバーしようとすると頭痛などの症状を引き起こしてしまいます。ただ、単純な目の疲れだけでなくメガネやコンタクトの視力矯正が上手くいかない場合があります。視力矯正が不十分な場合は眼科を受診するかメガネの販売店などで矯正器具の度数を検査してもらいましょう。原因が目にある場合は蒸しタオルの温パックやマッサージで目の疲れをとるようにします。

集中して物を見つめていると瞬きの回数は少なくなり、通常3秒に1回ほどの瞬きが6秒から10秒以上になることがあります。これがドライアイで、瞬きによって眼球の表面を涙で覆うことができずに乾いてしまい、これが目の疲れになってしまいます。意識的に瞬きの回数を増やすとか定期的に目を休ませるようにしましょう。目の周りの血行を良くするために蒸しタオルで目を温めるのもよい方法で、ドライアイ以外にも効き目があります。その他、目の周りのツボを指でマッサージして刺激を加えることで目の疲れをとることができます。眉毛の両端や真ん中あたり、目の下の外側や真ん中の瞳のなかの黒目の真下辺りがツボになっています。1時間に一度の休憩時にこれらの対策を行えばドライアイの対策になり目の疲れが取り除かれます。その他にも、健康食品を服用すると良いでしょう。健康食品といっても様々な種類が存在しますが、不足がちな栄養素を摂取することで改善が可能です。例えば目の疲れや視力低下などはブルーベリーが効果的となっているので、毎日の食事にプラスしてサプリメントを摂取すると良いです。目の疲れは放っておくと悪化し、眼精疲労になってしまう可能性もあるのでサプリメントを服用して早めの改善が大切だといえるでしょう。