女の人

目の疲れを改善する成分|悪化を防いでくれる効果

現代人に必要な健康食品

目頭を押さえる女性

美容効果も期待できる

インターネットが社会に浸透して、プライベート・ビジネスともに、モニターを長時間に渡って眺める機会が増えています。そのため、目の疲れを訴える人も増加傾向にあり、関連する健康食品の需要も高まってきているのです。広く知られているのが、ブルーベリーなどに含まれているポリフェノールの一種・アントシアニンで、視力の低下や目の疲れを予防する効果があるといわれています。特にブルーベリーの健康食品は、薬のように服用するタイプから、ドリンクといった通常の食品と同じように利用でき、単体では副作用の心配がほとんどない点も魅力的です。また、アントシアニンの抗酸化作用は若返りにも期待ができ、美容に気をつかうユーザーからも多くの支持を得ています。

まずは症状を把握する

目の疲れには健康食品が広く利用されていますが、まずは疲れの原因や仕組みを調べておくと良いでしょう。例えば、普段からモニターを見続けたことが原因、というケースです。この場合、単に目で見るから目の疲れが発生したのではなく、まばたきの回数が減って起こるドライアイ、視線の移動が狭くなることによる筋肉の緊張が根本の原因と考えられます。根本を予測できたことで、さらにピンポイントの対策が可能になるのです。ここがポイントで、健康食品で見た場合、ドライアイ用としてルテインやビタミンAを配合したタイプが販売されています。筋肉の緊張をほぐしたい場合は、メグスリノキを配合したタイプも選択できるのです。このように、単に目の疲れで悩むのではなく、原因を細かく追求して症状にあった健康食品を選択するのが、根本から解決することになるといえるでしょう。